アイ・エス・ガステムのグリストラップ清掃

グリストラップの汚泥と廃油は、産業廃棄物となるため、専門の産業廃棄物処理業者に依頼して処理する必要があります。一般ごみとして処理すると違法になります。
また、産業廃棄物の処理業者は、廃棄物の種類によって処理資格が細分化されています。
例えば、建設残土などの産業廃棄物を処理できる業者でも、グリストラップの汚泥・廃油の処理をすることができない場合があります。

現場確認を実施の上お見積り

お客様のご検討内容についてヒアリングの上、作業方法・頻度についてご案内させていただきます。
※現場確認=グリストラップの寸法、店舗内・周辺の作業環境などの確認を行い、お見積りをご提出します。

作業前後の報告書、マニフェストの発行まで安全で適正な処理を実施しています

産業廃棄物管理票(マニフェスト)とは、廃棄物の処理が適正に実施されたかどうか確認するために作成する書類です。産業廃棄物の名称や数量、運搬・処分業者名を記載し、産業廃棄物が適正に処理されたかをチェックできる仕組みです。アイ・エス・ガステムでは法令に基づきマニフェストを発行いたします。
また、作業後にはグリストラップの破損や排水管の状態なども随時報告いたします。

グリストラップの清掃費用について

清掃費用はグリストラップ内の汚泥量(産業廃棄物処分量)を基準に算出しています。グリストラップ内の汚泥量が多いほど、費用がかかります。
縦×横×水深を測り何リットルあるか算出できます。
200Lの処分量の場合1回あたり20,000円程度となる場合が多いです。
詳しくはお問い合わせください。

動画で見るグリストラップの清掃

グリストラップの清掃は、構造をしっかり理解した上で行わないと後で様々な問題が起こる可能性もあります。専用の清掃用具・機器を使用したプロによる清掃の技を動画でご紹介します。

プロが使う道具

グリストラップ清掃に使用するバキュームカーや、狭いところでも使用できるポータブルバキュームなど、当社が使用しているプロの道具をご紹介します。

バキュームカー

グリストラップ清掃は強力な吸引で汚泥と廃油を吸い上げるため、バキュームカーによる吸引が不可欠です。しかし、バキュームカーを店舗前に停めて作業をすると目立ち、飲食店様などはイメージ的にあまりよくありません。そこで、アイ・エス・ガステム社では車両に化粧を施し、写真のような清掃車で作業現場へ伺います。イメージを大切にする店舗様でも安心してご利用いただくことができます。

バキュームカー
バキュームカー
ポータブルバキューム
ポータブルバキューム

グリストラップ清掃は、大規模な店舗ばかりとは限りません。
都市部のビルで営業している店舗様の場合バキュームカーによる吸引ができない場合があります。アイ・エス・ガステムでは、高層階でも清掃ができるポータブルバキュームを保有しています。

グリストラップの重要な部品

バスケット
バスケット

バスケットは、グリストラップの重要な部品で、厨房から出た排水に含まれる残飯などの食品クズをここで拾います。
グリストラップ清掃では、このバスケットをブラッシングでキレイに汚れを落とします。
バスケットは長年の使用で形が変形したり腐食することもあり、その場合は直ぐに交換が必要になります。

蓋

グリストラップの悪臭を外に逃さないために蓋は重要な役割をしていますが、経年劣化しやすく、取っ手の部分が腐食して取れなくなることもあります。
腐食・破損等が見つかったらすぐに交換が必要です。